カテゴリ: 自慰

俺が働いている会社のフロアには、鉄鋼メーカー、建築メーカーなどが多く、いかにも「野郎の職場」という感じ。社員もガチムチの俺好みの野郎が多く、俺はそいつらをいつもこっそりスケベな目で見ている。

中でも実業団のアメフト選手だったという男のことを、俺はいつも気になっている。
メガネ、白髪混じり短髪の薄らハゲ、肩幅が広く背中もデカい。太腿もパンパンでスーツのズボンもはち切れそうだ。

俺が遅くまで仕事してる時、たまにトイレで小便していると、そいつがよく個室に入っていくのを見かける。
俺が用を足していると、静まりかえるトイレの中で聞こえてくる野郎の息遣いと小さな踏ん張り声。

「んんんん……ううううぅぅぅ…くふぅ…んふふ…んふん…(ブボッ!!ブゥ〜〜!!ブリ〜ブリブリ)」

「んはあぁあ…はあ、はあ…(ブォ!!ブリブリ!!!)」

(よく毎回出るよな)

若い野郎は個室に入っても物音を殆ど立てないが、オヤジの場合は、糞をする時、決まって、平気で踏ん張る時に声を出す。

そして顔や身体に似合わない、切ないような喘ぎ声を思わせるよがり声を聞いてるうち、俺は小便をした後、決まって勃起してしまうのだ。

ある時、俺はその日猛烈に溜まっていたこともあり、いつものようにオヤジが個室に入った後、すかさず隣の個室に入った。

カチャカチャ、ジジジジ…

隣の個室でオヤジがベルトを外し、ジッパーを下げる音がした。

俺も合わせるようにスーツのズボンを下ろし、さらにワイシャツとアンダーシャツも脱いだ。
ブリーフに靴下と革靴という格好になり、隣から聞こえる耳を澄ます。

「ふっ!うううううぅぅぅ…(ブゥ〜〜!!)」

男の力む声に続き、猛屁音がトイレに響き渡る。

「う…んんんん…(ブリ!!ブリブリブリッ!!)はぁ〜はぁ…」

俺の魔羅はブリーフの中で一気に固さを増し、カチンカチンになっていた。
オヤジの喘ぎ声に似た力み声に合わせ、ブリーフの上から魔羅をシゴキ始めた。
やがてそれだけでは飽き足らず、ブリーフの端を持ち、一気に太腿までずり下げた。
すると俺のイキリたった肉棒がビンッ!!と勢いよく飛び出した。
すでに亀頭の鈴口は透明のスケベ汁が滲み、光っていた。

ブリーフを両足から引き抜き、スーツのズボンと同様、トイレの扉のフックにかけた。
これで靴下と革靴だけのスッポンポン状態だ。そのいでたちに興奮し、俺の魔羅はさらにギンギンにそそり勃った。

俺は手のひらに唾をぺっと吐き、亀頭を覆うように思いっきり握り、先走りもまぶしながら、刺激する。

俺が魔羅を弄りあげている間も、隣の個室からは、オヤジの踏ん張り力み声が続いていた。

「う…う…うううう…(ブリッ!!ブリブリブリ!!)んんん…んはぁ…」

シコシコシコシコ!!!!とシゴキあげる俺。

次の瞬間、
ブシャーーーー!!

俺の亀頭の鈴口から、勢いよくトイレの壁に放射!

ドピュッ!!ドピュルルルルル!!
ドクドクドクドク!!!

白濁の液がたっぷり溢れ出る。
トイレの壁に白い塊が液垂れしている。

俺は竿を握り、最後の一滴まで搾り出した。
トイレットペーパーで亀頭を拭き、シャツを着て、ブリーフを履き、ワイシャツとスーツのズボンも身につけた。

隣のオヤジはすでに用を終え、ウォシュレットでケツ穴を洗っているようだ。

個室を出て手を洗っていると、オヤジも個室を出てきた。
俺が何食わぬ顔で、チラッとオヤジを鏡越しで見ると、顔に汗をかいていた。
俺がこのオヤジのもっとも恥ずかしい音を聞きながら、シコっていたとは気づくこともなかろう。
今度はジェルでも持ち込むか?そんなことを考えていた。
にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)

ハッテン銭湯やハッテン車両で憂さ晴らししてることもあり、最近自慰をしていない。
けど、休みの日はメチャクチャにやりてえ気分。

ただシコるだけではつまらない。
出来ればケツ穴を徹底的に嬲りたい。
糞をした後、しばらくしてから準備する。

まず使用するディルドの選択をする。
その日は20センチのイボイボ回転式のを手にした。
リモコンで操作でき、黒光りしていて実にスケベなカタチだ。見てるだけで俺の肉棒は硬くなりつつある。
もうひとつピンクのディルドもあるが、これは別の使い道がある。

さらに両乳首に装着させる回転式のローターと肉棒にくぐらせて使うドーナツ型のローターを用意。

最後は、ガーゼのハンカチを取り出し、準備万端だ。
ディルドを本棚とサイドボードの間に挟み込み固定する。

シャワーを浴びて身体を洗い、風呂上がりにアルコール度数の高めの酎ハイを飲みながら、素っ裸のままケツの中が落ち着くのを待つ。
すでに魔羅は興奮でいきり勃っていた。

両乳首に回転式ローター、肉棒にドーナツ型ローターを取り付ける。

お気に入りのケツ責めエロ動画を観て、さらにテンションを上げる。
この段階ではまだ秘部には一切手を触れない。

酔いが回り始めた頃、固定したディルドに粘着の強いローションをたっぷり塗りつける。

仰向けになり、両太腿を抱え、オムツ替えの姿勢を取り、ケツ穴をディルドに向かってゆっくり押し当てる。
菊門に冷んやりしたジェルを感じ、ビクッとする。
俺のケツ穴はすでに開き、ズブズブズブ…と巨大な黒光りするディルドを飲み込み始めた。

「うう…くぅ…んんん…ううううう…」
と思わず喘ぎ声を上げる。半分以上挿入。
まず乳首ローターのスイッチをON。

ウイ〜ン〜ウイ〜ンと唸りながらローターが回転を始め、敏感な乳首を刺激し、俺の魔羅はブルンブルンと脈打ちながら腹を打つ。
すでに嬉し涙が腹にドロドロ溢れ出していた。

続けてディルドのリモコンスイッチを入れる。最初は最低段階の振動から。

ブイイイイイイイン…

ケツ穴の中で黒い魔羅バイブが動き始めた。
俺は、手にガーゼのハンカチを持ち、たっぷりローションで濡らす。
ヌルヌルになったハンカチの中心部に、赤く膨れ上がった亀頭に当て、ゆっくりハンカチを両手で持ち、左右にゆっくり動かす。
セルフ亀頭責めのスタートだ。

「う…ひいいぃいい…」

むず痒さで自然と声が出る。
リモコンでさらにバイブの段階を上げると同時に、ウェーブもボタンも押す。

バイブが激しく暴れ始め、前立腺を強く刺激する。
乳首ローターも強い振動にチェンジすると、ジンジンケツ穴に響き、気持ち良すぎてもっとディルドを奥に入れたくなる。

ガーゼでさらに亀頭を強く擦り続けていくと、小便でも出そうなむず痒さが走り、カウパーはさらにドロドロ溢れ出る。

ガーゼでの亀頭責めを一旦休め、今度は、もうひとつのピンクのディルドを喉奥まで咥え込み、舌で舐め回す。
スイッチを入れると俺の口の中で、ピンクのディルドは大きくスイングを始め、俺は外人の魔羅を咥える想像をしながら擬似フェラを続けた。

再びガーゼハンカチで亀頭をシゴキまくる。
ケツ穴にぶち込んだディルドの振動をMAXにする。

ウインウインウインウイン!!!
前立腺に猛烈激しくグリグリ当たる巨大ディルドの亀頭部分。

「あああああぁぁぁぁ…やべえぇぇ…イキそう…」

ガーゼを手放した途端、
足裏から太腿、そして金玉、脳天に快感の電流が走り、

ブシャーーーー!!!ビュルルルルゥゥゥゥ!!!ドクドクドクドク!!

と白濁の雄汁が俺の亀頭から噴射!

「ああああああ、あ、ぎ、気持ちいいいぃぃいい!!」

いつしか口からピンクのディルドは外れ、デケエ声を上げながら右の手のひらで亀頭だけを擦り続けた!

一回噴射したはずが、続いてさらに快感の波が押し寄せ、再び、


ブシャーー!!!ビュルル!!!ドクドク!!!

と今度は少し薄めの白いザー汁が噴き上がる。
二度イキだ。

俺は震える手でディルドのリモコンスイッチをOFFにした。

「はあぁ…はあぁ…」

息が上がる。
ゆっくりディルドをケツから引き抜いた。
俺の魔羅はヌルヌルになりながらも、まだ亀頭は赤く硬いままだった。
にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)

前の記事にも書いたが、数年前まで、某建設会社の独身寮の隣に住んでいた。
日当たりの悪い部屋の窓を開けると、30センチもしないところに隣の独身寮の建物の壁があり、斜め上を見ると、隣の建物の部屋の窓付近がよく見えた。

その部屋のカーテンが開いていると、顔こそ見えないが男がベッドサイドに寄りかかり、テレビを観ている様子が見えた。

時々、男がセンズリをこいているのが丸見えで、それを俺はいつも楽しみにしていた。だが男は一年くらいで引っ越し、しばらくは空き室になっていた。

ある時、コンビニから帰ると、隣の独身寮の前に引っ越しの車が止まっていた。
50代初めくらいの固太りした男と、ブクブク太った女が、業者と一緒に荷物を出していた。女はきっと男の妻だろう。どうやら単身赴任らしい。

男は短髪薄らハゲのメガネで、赤い短パンにタンクトップ、タオルを首にかけ、汗まみれになっていた。
短パンが汗でびっしょり濡れ、形のいいデカ尻に張り付いているのが見え、俺の股間は一気に硬くなった。
建設会社の社員のせいか、上半身が鍛え上げられ、真っ黒に日に焼けている。おまけにぶっとい二の腕と両脚はびっしり剛毛に覆われ、タンクトップの上部分からも黒い毛がボーボーにはみ出し、俺はしばらく目が離せなかった。
あまりジロジロ見てるのも変なので、名残惜しいが、そのまま部屋に戻った。

部屋に戻り、ふと気になって窓の外を見ると、空き室だった部屋に人が出入りしているのが分かった。
窓際にブルーシートが見えた。
もしや。。。

俺の部屋の窓には目隠しシートが張ってあり、向こうから見えない。
そこで見上げてみると、毛深いぶっとい男の脚が見えた。
さっき下で見たオヤジだ!
やっぱりそうか。。。俺は急にテンションが上がる。

夜になり、俺が出かけようとすると、短パンにタンクトップ姿の、ハゲオヤジがスマホとビール缶とつまみを入れてビニール袋を片手にウロウロしていた。
もう引っ越しを終え、早速ひとりで近所を散策してるようだ。
「いい身体しやがる。後で堪能させてもらうぜ」とニンマリする俺。

家に戻り、例の窓を見上げる。
すると、案の定テレビのところにオヤジが床に座り、つまみを食いながらビールを飲んでいるのが見えた。
日に焼けたぶっとい脚を片方だけ曲げ、もう片方の脚は投げ出している。
よく見ると、短パンの隙間から、毛で覆われた黒いフグリがチラッと見えていた。
デケエ金玉だ。。。さぞやザー汁が溜まっているんだろう。俺は興奮で唾を飲み込んだ。

「短パンを脱げ!シコれ!」と念じたが、男はそのままテレビを見続けていた。時折、股間を掻く仕草があるが、ついに短パンを脱ぐことはなかった。

そんなある日、俺がいつものよう夜に部屋を見上げると、オヤジがまたテレビを観ていた。どうも様子が変だ。
よく見ると上半身裸のようで、下はまたいつもの短パンだ。
腹は出ているが、筋肉太りという感じで、張りと厚みがある。
さらに、胸から腹にかけて、剛毛がびっしり生え、それは短パンの中にまで続いている。
オヤジは左手にリモコンを持ち、右手は股間にやり、短パンの上からゆっくりさすっているようだ。
お、まさか?まさか?

数分後、短パンの上から、魔羅を握ったり、離したりし始めた。
ついに待ちに待ったショータイムの始まりだ。やっぱり男はシコる生き物だ。

やがて、男はゆっくり短パンの中に手を入れ、シゴキ続けている。
「脱げ!さっさとその臭そうな短パンを脱ぎ捨てろ!全部丸出しにせい!」
俺は声に出した。

その声が聞こえたわけないが、男は右手で短パンのサイドを持ち、ゆっくり片方ずつの脚を抜き、ついに全部を晒し出した。
おお!デケエ亀頭!
まるでマツタケの傘のようにカリ部分が張り出しており、実に旨そうだ。
根元は真っ黒い剛毛で覆われ、卑猥そのもの。

男はリモコンを置き、左手でゆっくり乳首を弄り始め、揉んだり引っ張ったりしている。
そのたびに、デカい肉棒がブルンブルンとそそり立つ。
よく見るとすでに亀頭から透明なスケベ汁が溢れ出始めていた。

よがる男の顔が見たかったが、どうしても窓からは見えず。仕方がない。外で見たスケベ面を想像するしかない。

オヤジは左手で乳首を弄り、右手はその黒い雄魔羅に手を添えた。
長さは15センチ程度だが、竿の太さはトイレットペーパーの芯くらい。亀頭はデカく、淫水焼けしたように色づいていた。

俺に見られているとも知らず、男は手をゆっくり上下にシコシコ動かし始めた。左手はそれぞれの乳首を交互に強くつねっている。

俺も興奮が高まり、その場で全てを脱ぎ捨て、全裸になる。ジェルが見当たらないので、手のひらに唾を吐き、俺はその手で肉棒を握る。
窓の向こうの男のシコる姿に合わせ、俺も乳首をつねったり、亀頭を強く握り虐め抜く。

やがてオヤジの手の動きが一段と激しくなったかと思うと、男は突然両膝立ちになり、腰を突き出した。

ドピュ、ドピュ、ドピュビュルルルルゥゥ〜

大量の白いオス汁が、膨れ上がった亀頭から噴き上げられた。
これでもかというくらい、ドクドクと溢れ出るザー汁。このオヤジはマジで性獣みたいだ。

俺もほぼ同時に発射。
ブシャーっと、窓ガラスに飛ばしてみた。

オヤジはまだしつこくシゴいていたが、しばらくしてようやく短パンを履き直し、テッシュで掃除を始めていた。

それからオヤジはほぼ毎晩抜いていた。
その痴態を俺は何度オナネタにしたことだろうか?
今でも時々思い出して股間が熱くなる。
にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)

俺が前に住んでいたボロアパートは、超古かった。壁も薄く、隣の部屋のテレビの音や話し声が普通に聞こえてくる。
しょっちゅう引越しで出入りが多く、両隣に誰が住んでるのかよく分からんかった。
けど、ある男のことだけはすぐ憶えた。なぜなら引越してきた際、律儀にタオルを持って挨拶に来たからだ。
男は日ハムの中田翔にそっくりな、野郎っぽいスケベ面で、ガタイもガチムチだった。
時々ゴミ捨て場で会うと、エロそうな目つきでニヤッと会釈してきたが、いつもタンクトップにトランクスみたいなショーパンで、股間のモッコリが目立って、超エロい。
俺はいつも奴の股間をつい凝視してしまっていた。
そいつは金曜になると、夜に決まって女を家に連れ込んでバカ騒ぎする。
しょっちゅう外でふたりで歩いているのを見かけたが、いつも違う女を連れていた。
俺は、「うるせえな」と思いながらも、クレームをつけたりしなかった。それは、ちょっとしたお楽しみタイムがあったからだ。

ある時、やっぱり金曜の夜だった。
中田もどきと、女の馬鹿笑いが壁越しにリアルに聞こえていたが、しばらくする急に静かになり、突然女の泣き声が聞こえてきた。

女の泣き声はどんどん大きくなり、やがて何かパチン、パチンと叩くような音もし、その音に合わせて女が何度も叫び声を上げた。

俺はとっさに「DVが起きている」と思い込んでいた。

だが、いきなり「イクゥ〜イクゥ〜イッチャウ〜」という女の金切り声が聞こた瞬間、俺は悟った。
ふたりが「セックスしてやがる」ってことを。

あの中田翔もどきの、ショーパンのどでかいモッコリが脳裏によみがえり、俺の股間は痛くなるほど膨れ上がった。

パチン、パチンという音は、バックから挿入し、女の尻たぶを叩いていたのだろう。
駅弁スタイルとか、アクロバティックな体位をいろいろやっていそうで、俺はもうどうにも堪らなくなり、速攻その場で一発抜いた。

翌週、また別の女を連れ込んだ中田もどき。
やがて、女のすすり泣くような声がし始めた。
俺は、すぐに衣服を全て脱ぎ捨て、布団の上に仰向けになった。そしてあらかじめ手元に用意していたディルドにジェルを塗りたくった。

「あああああぁぁぁぁ…いやぁ〜、あああん…いいいいぃ…気持ちいぃ〜」
女の声が絶叫に変わる。

俺はあのガチムチ中田もどきが、素っ裸で、デカ魔羅をギンギンにさせ、バックや駅弁スタイルで女を責め立てる様子を想像する。

そしてディルドの亀頭部分をゆっくり俺の菊門に挿入し、少しずつ出し挿れさせた。

「うぐぅ……んんんん」
思わず喘ぎ声を出す俺。

ディルドを完全に肛門に挿入させると、ディルドのリモコンのスイッチを入れた。
「ブイィィ〜ン、ウィン!ウィン!」と亀頭部分が前立腺を強く刺激する。

部屋の向こうで、
「パンパンパン!パンパンパン!」と激しいリズミカルな音が聞こえてきた。
その音に合わせて、女が
「あん!あん!あああああん!」と喘ぐ。

中田もどきが、あのデカイ尻を猛烈な高速で振りながら、ピストンしているのだろう。

俺も自ら腰を振り、頭の中で中田のカラダと肉棒を思い浮かべながら、「あん、ぁぁぁぁぁんんんんn!」と乳首をつねりながら、喘ぎをあげた。

前立腺はさらに強く刺激され、もうひとつのスイッチを入れると、蟻の門渡り部分をグイグイ押しながらローターが回転する。

やがて、女が「ああ、イクゥ〜イクゥ〜」と叫び、中田もどきも「イクで!イクで!オラ、オラァぁぁぁぁぁ〜デル、デル、デルゥゥ!」と絶叫。

中田もどきの汗だく姿に犯されていると想像しながら、俺もついに昇天する。

「イク、イクゥぅ〜イクゥゥ〜」

負けずにデカイ声を出す俺。

ドピュ〜ドピュ〜ドクドク〜!!!

白濁のザーメンが、俺の腹の上に溢れ出る。

中田もどきの凄いのは、その一回で終わらないところだった。いつもその後、必ずもう一戦交えるのだ。
さすがにそれは俺は出来ん。

大量のザー汁を拭き取ると、再び喘ぎ声をあげる女の声をバックに、しばらく布団の上で自慰の余韻に浸っていた。
にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)

世間はまたヤバイ状況になっている。
「ハッテン記録」ブログのはずが、これ以上、感染者増えたらおちおちハッテンも出来なくなるじゃねえか!オラ!
風呂行ってもサウナは閉じられるわ、リモートだから電車乗らねえし、乗っても人はいねえし。
だったらヤル事と言ったら、自分で自分のナニを慰めるしか手はない。

俺は1ヶ月に1回、ねっとり、じっくりと我がムスコと菊門を徹底的に虐め抜く。

それをする日は、だいたい月末の激務のおさまる後だ。
激務中は、疲れてシコるのも出来ず、1週間くらい自然と「オナ禁」状態になる。
激務明けの夜、入念に準備をし、ようやくその幕は上がる。

まずは入念な準備だ。

俺は手持ちの2つのディルドを取り出し、どちらを使うか、しばし悩む。
どちらも20センチ近い海外の製品で、形状や強さ、回転などが異なっており、その時の気分で使う方を決める。

今日は、猛烈激しくやりてえ気分なので、反り上がっていて、本体にいくつもスケベなイボイボ突起がついている方を使うことにした。

そのディルドには、本体の他に、下部にもうひとつ会陰部を刺激するローラーがついている。アナルにディルドをぶち込むと、自然と蟻の門渡部分にローラーがあたり、スイッチを入れるとローラーが何パターンかで回転して、前立腺に響き、劇的な快感を覚えるのだ。

俺はそのディルドをよく除菌し、本棚とサイドボードの間に挟み込み、上向きディルド部分だけを飛び出させた。

そしてトイレに行き、腹の中をスッキリきれいにした後、シャワーを浴びる。

出た後、素っ裸のまま、まずは両方の乳首に、「乳首責めバイブレーター」というアダルトグッズを装着。乳首を舐め回すような刺激を受けられる吸盤タイプのもの。

次に、すでにスケベ汁がたっぷり溢れるそそり立つ雄魔羅の亀頭と肉竿と玉袋の3箇所に、超振動で責めるローターを装着。

これで全て完了。

そして先ほど本棚とサイドボードの間に挟み込ませたディルドに、たっぷりのローションを塗り、手には全てのオモチャのリモコンを持つ。

最後に、四つん這いになり、まずは「乳首責めマシーン」のスイッチをオン。
ブ〜〜インという音と共に、両乳首が舐め回されるような刺激が始まった。その刺激で俺の肉竿はさらに硬く、ビクンビクンと何度も腹を打つほどそそり勃つ。

そして四つん這いのまま後ろ向きで、本棚とサイドボードに挟み込んだディルドに尻を近づけ、菊穴部分に押し当てた。
力を抜き、アナルにディルドの亀頭部分をゆっくり挿入。「あ…あ〜んんんぅうぐぅぅ…」思わず喘ぎ声が出る。

四つん這いのまま、ゆっくり後ろに下がりながら、さらにディルドをケツ奥深くに挿入させる。
ケツ穴がパンパンになり、前立腺が早くも疼き出している。いきり立った俺の肉棒の先端から、だらだらと先走りがほとばしり、振動ローターを装着した亀頭と肉竿と玉袋も、虐めてもらいたくて、まだかまだかとウズウズする。

ついに、ディルドのリモコン振動スイッチをオンにした。

「ブイィィィィ〜ン」という振動音と共に、ディルドの亀頭部分が俺の直腸の中で、オラオラと暴れ始めた。

「あああ…ん、ぐふぅぅうう…んんんん」

俺は快感のあまり四つん這いのまま、頭を床に押し付ける。
そしてディルドのリモコンのもう一つのスイッチをオンにした。

「ブイーーーン、ウィィン!ウィィン!ウィィン!」
と蟻の門渡り部分をイボイボ突起があたり、強烈なマッサージが始まった。

すでに両乳首も責めローターで、強く刺激されており、連動してアナルも疼きまくっている。
そのアナルの中では前立腺の刺激、さらに会陰部の責めが加わり、足の裏から腰にかけ、電気が流れるような快感が走る。

「あ…あん…あひいいいいぃいいい!!!」

と尻を上に向けながら女のように喘ぎまくる俺。

「も、もうダメ…イキそう……で、でちゃう…あああああぁぁぁぁ〜」

前立腺の奥から、押し寄せる波のような痺れ。

次の瞬間、

ドピュゥゥゥゥ〜!!!ビュルルルルゥゥ…ドクン、ドクン

大量のザー汁が、鈴口から次から次へと放出された。

俺は最後のリモコンのスイッチを入れた。
亀頭と肉竿と玉袋の同時三箇所責めだ。

ビュイーーーン、グイングイン!

「あ、ひぃぃいいいいいい!」

射精後に敏感になっている亀頭をローターが強く刺激し、痛いくらいに気持ちがいい。
アナルのスイングはさらに早く高速になる。

俺は今オス汁を大量放出したばかりなのに、再び快感が足裏から押し寄せ、亀頭から二度目の射精が起こり、再び大量の白濁汁が噴出した。

ビュルルルルゥゥ……ビュルルルルゥゥ…ドクドク…ドピュ!ドピュ!

さっきより少し水っぽく、ダラダラ出続ける。もう腰が抜けたような感覚だ。
さすがにこれ以上は限界だ。
俺は全てのリモコンを順にオフにした。
脚が痺れてジンジンする。

ケツを力み、ディルドをひり出した。
アナルの奥がまだジンジン痺れて止まらない。

にほんブログ村 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)

↑このページのトップヘ